FX節税お任せパック法人タイプ

子どもの近視を改善する方法

子どもの近視を改善する方法

子どもの近視を改善する方法

近年、子供の視力低下かなり深刻になっています。この視力低下の要因は、パソコンやゲームやスマートフォンなどがかなり普及してきたことにより、ゲームやパソコンなどをやり過ぎてしまうことによる近視です。

 

さらに、眼球や脳が未完成である幼い子供の場合、視力低下の近視という問題だけではなく、弱視や斜視なといった問題も発生してしまうので、できるだけ早い治療や対策が必要となります。

 

子供が近視にならないために重要なことは、母親の注意力です。特に、子供が目を細めて見てなにか物を見ていたら要注意です。目を細めるという目の動きは、ものを見たときピントが合わず、無意識にピントを合わせようと

 

目を細めてしているという動作なので、このときすでに軽い近視になっている可能性が高いです。子供の近視を回復させるためには、眼科で行う治療のほかに、日常生活の改善が必要となります。

 

まず、眼科で行う治療方法では、点眼薬による治療方法と通電による治療方法があります。点眼薬による治療方法とは、散瞳薬を夜寝る前にさすことによって、目の筋肉の緊張を寝ている間に緩和させることができます。それによって、眠りながら遠くを見ている感覚を得ることができるのです。

 

通電の治療方法とは、微弱な電気を目に流すことによって、近視の回復を促すという治療方法です。大人に比べて子供は水分量が多いので、子供の方が大人よりその効果を期待できます。

 

一方、日常生活における対策としては、とにかく目を休めること、目の筋肉を鍛えることが大変重要です。何かを長時間も集中して見たりしていると、眼の筋肉が酷使されてしまうことによって、目の筋肉が固まってしまいます。これのことが近視になる原因となります。

 

対策としては、目を使ったら目を閉じるなどして、できるだけ目を休ませる習慣をつけることが大切です。それと同時に目の周りの筋肉を鍛えるということも大切です。

 

これには、目をぐるぐる回して動かしたり、瞬きしたりと、固まってしまった筋肉をほぐすようにします。また、十分な睡眠、規則正しい生活、カルシウムが豊富なバランスの取れた食事という基本的な生活をすることも近視の対策として大切になります。

 

子どもはもちろん、大人の方の眼精疲労・目の疲れにおすすめなのは、ブルーベリーサプリメントです。含まれるアントシアニンが目の疲れに良く効き、モヤモヤを解消してくれます。

 
 
サイトマップ

Copyright(C) 2013 子どもの近視を改善する方法 All Rights Reserved.